TOP > 募集案件 >多様な人とともに南部鉄器の
新しい景色をつくる

WORK

募集案件

募集プロジェクトの一部をインタビュー記事として紹介します。

求人募集中

多様な人とともに南部鉄器の
新しい景色をつくる

2021年7月14日

タヤマスタジオ株式会社(岩手県盛岡市)

タヤマスタジオ株式会社(岩手県盛岡市)
〒020-0871
岩手県盛岡市中ノ橋通1-5-2 唐たけし寫場1階
代表取締役社長 田山貴紘
https://kanakeno.com

求人情報

タヤマスタジオ株式会社(岩手県盛岡市)

仕事内容
・応相談(興味を持った人はまずは気軽に応募ください)
条件
・契約期間:応相談
・報酬:応相談
・働き方:リモートワーク、現地訪問、それぞれご相談に応じます

各地域の自然や文化と共に長い歴史を持ちながら、その土地に住む人々の暮らしを支え続けている伝統工芸品。近年、その価値を見直し、より多くの人に魅力を届けようとする取り組みが増えてきています。

 

現代の生活に合わせた新しい発想を取り入れ、良さを残しながら進化を続けていく。その積み重ねから伝統工芸品は産地を超えて、日本全国、世界の人々から愛される暮らしの道具になっているように感じます。

 

今回、お話を聞いたのは、盛岡市にあるタヤマスタジオ株式会社(以下、タヤマスタジオ)代表の田山 貴紘さん。

 

岩手県の伝統工芸品「南部鉄器」の製造・販売、鉄瓶のある暮らしの提案など、南部鉄器を切り口に様々な事業を展開しているタヤマスタジオのこれまでの取り組みやこれからの展望をお聞きしながら、今回募集する副業人材についてお話を伺いました。

 

タヤマスタジオ 代表 田山貴紘さん(岩手県盛岡市)

 

田山さんのお父さんは、盛岡市にある江戸初期から続く老舗の工房に45年勤め、2019年には天皇陛下即位を祝う献上品の製作も行った、岩手でも屈指の南部鉄瓶職人。現在は、2011年に独立して立ち上げた「田山鉄瓶工房」で製作を続けながら、南部鉄器伝統工芸士会の会長を務めています。

 

一方で、田山さんの前職は都内にある食品メーカーの営業職。学生時代や入社した当初は、お父さんの仕事に興味を抱くことができず、南部鉄器に関わる仕事に就くことは考えていなかったそう。転機になったのは、2011年3月に起きた東日本大震災でした。

 

「当時は30歳を目前にしていたこともあって、自分にしかできない新しいチャレンジがしたいと考えていました。そうした中で起きたのが東日本大震災。復興支援のボランティア活動にも参加しながら、『地域に貢献したい』という地元への想いが強くなり、Uターンを決意しました」

 

そうして田山さんの考えが至ったのが、南部鉄器づくりに関わること。

 

「世界的にも独特な日本文化、中でも茶の湯と関係がある南部鉄器はとても挑戦しがいのある分野だと考えました。また、父親の技術に営業や経営の視点を入れることで世界を市場として捉えたビジネスに発展できるのではないかと、面白さを感じたのも理由のひとつです」

 

田山さんは、2012年12月に当時勤めていた会社を退社し、2013年1月から田山鉄瓶工房に入り、父のもとに師事。2013年11月には自身が代表を務めるタヤマスタジオを設立した。

 

タヤマスタジオ 南部鉄瓶製造の様子(岩手県盛岡市)

 

職人としての修行をしながら、新たな会社を立ち上げたのはどんな考えがあったのでしょうか?

 

「僕はその道の匠を目指して、この業界に入ったわけではなく、あくまで目的は南部鉄器をアップデートすることでした。そのためにも、まずは製造の流れや技術、職人の共通言語、南部鉄器業界の現状を把握し、課題を発見することが必要だと考え、初めに職人としての修行を行いました」

 

「変えるべきものを変え、新しい取り組みを始める時には、どうしても信用を構築するまでの時間や周囲の人に交渉・説得する時間がかかってしまいます。その中で一番コストが小さくなるのが、自分で全責任を持って事業を進めること。そこで、自分で会社を立ち上げました」

 

タヤマスタジオ 南部鉄瓶製造の様子 鉄の流し込み(岩手県盛岡市)

 

南部鉄瓶職人としての修行に加え、タヤマスタジオ設立当初は広報や販路の見直し、職人育成環境の整備などそれまで行われていなかったことに着手した田山さん。さらに事業を展開するために、意識したのは「多様な人材と仕事をすること」だった。

 

「業界を発展させていくためには課題解決を行うだけではなく、『よりよいプロダクト・サービスを生産すること』と『プロダクトマーケットフィット(PMF)を目指すこと』、また『それらを進めるための組織をつくること』が必要だと考えました」
※PMF・・・顧客の課題を満足させる製品(プロダクト、サービス)を提供し、それが適切な市場に受け入れられている状態のこと

 

「そこで、新たな組織をつくる時に、同じ意見を持った人達の集まりだと現状を変えることは難しい。色んなバックグラウンドを持った人たちが持つ外からの目線を生かすことで、それまでになかった面白いことが発見できる。僕は人材が価値をつくると言っても過言ではないと思っているんです」

 

広報・PR担当やデザイナー、ビジネスプランナーをプロジェクトメンバーに加え、それまで行っていた南部鉄瓶の製作・販売から事業を拡大。

 

タヤマスタジオ てつびんの学校 開催の様子(岩手県盛岡市)

 

新たな鉄瓶ブランドとして立ち上げた「kanakeno」はその最初のプロジェクトのひとつ。「丁寧を育む、てつびん生活」をコンセプトに多様な企画で“鉄瓶のあるライフスタイル”を提案している。2020年には、kanakenoが製作した鉄瓶「あかいりんご」が伝統文化における革新性を評価する「第3回三井ゴールデン匠賞・モストポピュラー賞」を受賞した。

 

タヤマスタジオ 南部鉄瓶 あかいりんご(岩手県盛岡市)

 

2019年にオープンした「お茶とてつびん engawa」はkanakeno直営のカフェ&ショップ。カフェで鉄瓶の良さを気軽に体験することができるほか、ショップで実際の商品を手に取って見ることができる。

 

タヤマスタジオ 直営店engawa(岩手県盛岡市)

 

2021年からは盛岡市の「中央公園整備事業」にも参画。タヤマスタジオはプロジェクトの推進メンバーとして、公園内に南部鉄瓶工房をオープンする。

 

タヤマスタジオ 新工房イメージ(岩手県盛岡市)

 

また、国立大学法人岩手大学と人工知能(AI)を活用した製造業の支援サービスを行っている株式会社LIGHTzと連携し、AIを活用した共同研究・システム開発に着手。 ベテラン職人の知識や技術を可視化するシステムを開発し、鋳造技術の継承と生産性の向上を図る。

 

長い歴史を持つ南部鉄器従来の形式にとらわれず行動してきた田山さんは、これまでの事業を通して確実に、意図的に、成果を積み重ねてきた。

 

「もともと考えていた事業構想には抽象的な部分もありましたが、進めていく中でそれが次第にクリアになってきている実感があります。ただ、そこにさらに良い取り組みが肉付けされているのは、色んな視点を持って関わってくれる人たちがいてくれたからこそ。僕ひとりでは全然やっていないんですよ。優秀なメンバーによって生まれているこの状況が本当に面白いなと思います」

 

すでに多様なスキルを持つ人を受け入れながら、事業を展開してきた田山さん。今回募集する副業人材にはどんなことを求めているのでしょうか?

 

「具体的な仕事の内容を提示してタスクをこなしてもらう、というよりも興味を持ってくれた人とコミュニケーションを取りながら、その人の持ち味を活かすことができたらと考えています。強いて言うなら、自分の人生のハンドルを握っている人にきてもらえるといいですね。個性をしっかり持っていて、自分の考えを主張できる人が関わってくれると、お互い楽しさを感じながら仕事ができると思います」

 

「あとは、『問い』を持って仕事に取り組める人ですかね」

 

問いを持って仕事に取り組む、とはどういうことでしょうか?

 

「南部鉄器は、生身の人間がその土地にある材料を採取してプロダクトを生み出している。そのプロダクトを道具として使う人がいて初めて、生活の場としての空間・時間が成立します。その空間・時間は共に居る人によっても変わりますが、そこに存在するモノによっても変わります。そうした相互作用や関連性って何なんだろう、という問いが僕にはあるんです」

 

「そうした問いを楽しめるような事業を続けていきたいので、答えを求めるよりも、問いを設定しながら働くことに共感できる人にきてもらえるといいですね」

 

タヤマスタジオでの仕事は南部鉄器をつくり、販売することだけでなく、文化や暮らしを見直す機会にもなる。

 

田山さん自身が、南部鉄器に関わるようになってそうした考え方の変化を感じてきたそう。

 

「僕たちの仕事はビジネスや事業について考えるだけでなく、暮らすこと、またそれよりも生きることに重心を置いている感覚があります。なので南部鉄器、伝統工芸に関わってもらうことで、何か学べる、感じられるものがきっとあると思います」

 

タヤマスタジオ 南部鉄器がある風景(岩手県盛岡市)

 

最後に田山さんからこの記事を読んでいる人たちへメッセージを。

 

「南部鉄器に関心のある人は、ぜひ興味本位でも声をかけてもらえると嬉しいです。そして、一緒にどんなことができそうか、副業を通して活躍してもらえる場を考えられたらと思っています」

 

南部鉄器の価値を実感し、これからの未来に希望を抱く田山さんだからこそ、周囲に多様な人が集まり、様々な事業を展開してきたのだと思います。
南部鉄器、伝統工芸品を通して、新しい景色を切り開き、伝統を繋いでいく。その一員にあなたも加わってみませんか。

 

タヤマスタジオ 職人集合写真(岩手県盛岡市

求人情報

会社名
タヤマスタジオ株式会社(岩手県盛岡市)
仕事内容
・応相談(興味を持った人はまずは気軽に応募ください)
条件
・契約期間:応相談
・報酬:応相談
・働き方:リモートワーク、現地訪問、それぞれご相談に応じます